[WordPressプラグイン]Advanced Custom Fields 出力のためのメモ

カスタムフィールドを使いやすくしてくれるWordPressプラグイン「Advanced Custom Fields」。
よく使うので使い方をメモしておきます。

配布サイト:Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fieldsのすてきなところ

  • カスタムフィールドの管理がラク
  • ページや投稿、その他の条件でカスタムフィールドの出し分けも可能
  • 編集画面でのカスタムフィールドの表示順や、ちょっとしたレイアウトなど簡単にカスタムできる
  • カスタムフィールドのいくつかのセットを編集者が増やしていける「リピーター」タイプや、ギャラリー作成できるタイプ、いくつかのカスタムフィールドを自由に組み合わせられる「フレキシブルコンテント」タイプなんかもすてきですね、有料みたいだけど(繰り返し機能は標準装備のプラグインありました)

導入方法

割愛します~~;;

出力

WordPressではカスタムフィールドの出力にget_post_meta()を使いますが、Advanced Custom Fieldsには独自関数が用意されています。
なので独自関数のことをメモします。get_post_meta()でももちろん値は取れます。

1行テキストとか

the_field()で単純な出力、get_field()で変数に入れたりごにょごにょ…ができるそうです。
フィールド入力が必須ならthe_field()だけで手っ取り早く出力できていいですね~

↓↑どっちの書き方がいいんだろう…

画像

カスタムフィールドの設定の際に、返り値を「オブジェクト」「URL」「ID」と選べます。
画像についての情報量は「オブジェクト」>「ID」>「URL」みたいです。
参考:http://www.advancedcustomfields.com/resources/image/

返り値「オブジェクト」で取得できるもの

IDからURL、幅、高さ、ALT、TITLEを取得する方法(参考)

wp_get_attachment_image_src()でurlと幅、高さを配列で出して(参考)
あとALTとTITLEですが、ALTってこんなふうに取れるんですね~(参考)

チェックボックス

値が複数になったりするわけですが、
get_field():配列
the_field():カンマ区切りの値の文字列 だそうです
参考:http://www.advancedcustomfields.com/resources/checkbox/

liで括るだけなら↓のほうが手っ取り早いか…

「red : 赤のようにすると値とラベルの両方を制御することができる」
と書いてあるのは、よくわからないので要勉強…

あと、カスタムフィールドの検索したいときは向かないようです(参考)